空き家を放置することのデメリットあれこれ

PR|解体費用相場を知る|

家主が亡くなられた後、空き家となった住宅をそのまま放置してしまうことは、大きく捉えて次の3つのデメリットが生じてくると考えます。早々に相続登記を済ませるなどして、空き家を売却したり賃貸物件とするなど、何かしら資産として活用することをおススメします。

~空き家を放置することで生じる3つのデメリット~

●デメリット1:固定資産税が掛かり続ける

土地や建物など不動産を所有している場合、固定資産税をそれぞれ納める義務があります。その納税義務は、空き家であってもその対象となっっています。更に、平成27年5月に施行された「空家対策特別措置法」によって、更にそのデメリットを受けるリスクが高くなりました。特別措置法では、倒壊の危険がある空き家、ゴミなどが溜まった状態で近隣地域に悪い影響を与える空き家に対して固定資産税が最大で通常の6倍にまで大きくなるものとなりました。これは、空家対策特別措置法で「特定空家等」に認定に関わるものです。通常の空き家の場合、固定資産税は最大で1/6まで軽減出来る控除が適用されるのですが、倒壊リスクやゴミ問題などで「特定空家等」に認定しれてしまうと、控除が適用されずに6倍の固定資産税を納めなければならない形へとなってしまうのです。

●不動産としての価値が下落する

家というものは、人が住んでいないと不思議なものでドンドン劣化していきます。庭には雑草が生い茂るようになり、不動産価値が下がっていってしまいます。問題は、空き家が放置されていることで、その周辺の住宅の不動産価値にまで影響してしまうことです。

●自治体から思わぬ過料を課せられることも

先に紹介した通り、「特定空家等」に認定されてしまうと、まず自治体から「改善命令」が出されます。しかし、改善に応じるこtが出来ずに放置し続けることで、50万円以下の過料が課せられてしまうことに繋がります。最悪その住宅が解体処理などが行われた場合などには、その費用について所有者へ支払い義務が生じるようになってしまうのです。

PR|お家の見直ししま専科|心の童話|クレジットカードの即日発行じゃけん|生命保険の選び方|女性向けエステ.com|内職 アルバイト|住宅リフォーム総合情報|マッサージのリアル口コミ.com|工務店向け集客ノウハウ|GetMoney|心の童話|お小遣いNET|初値予想|生命保険の口コミ.COM|健康マニアによる無病ライフ|ショッピングカート