借地に建っている実家の解体工事

実家で一人暮らしの母が亡くなり、実家の遺品整理や家の処分が必要となりました。実家はその地域の大地主が所有する借地に戦後しばらくして建てられた古い住宅です。
実家が我が家から自転車で10分足らずの所にある事から、1年程掛けてできるだけ自分達の手で遺品整理を行う事にし、1周忌を終えた後に、家の処分を行う事にしました。
借地は、更地にして地主に返還する必要がありますが、そもそも広島市内で信頼できる解体業者さんの心当たりもなく、どの様に探すべきか思案していました。
母が亡くなり、銀行口座が閉鎖される事もあり、地主さんを訪れて、当面地代の引き落としを私の口座に変更手続きすると共に、解体に関して相談しました。
その地主さんは、土地と不動産関連の会社を経営されており、解体工事を依頼された経験も豊富だろうと思い、相談を持ち掛けたものです。
解体工事業者さんにより、費用には結構バラツキがあり、その地主さんの会社でもかつて安い業者さんを利用した事もあるけれど、工事に際して周辺に対する配慮がなく、多くの苦情が来た事があり、それ以来信頼できる業者さんにずっと依頼されているとの事でした。
こうしたお話を聞き、安心してお願できるだろうと、その業者さんを紹介してもらい見積もりを取りました。この程度だろうと推定していた金額だったので、1周忌を終えたタイミングで解体をし、地主さんに土地を返還しようと考えています。